リロケーション会社選びのポイント

海外赴任が決まって自宅を貸し出す際、どのリロケーション会社を選ぶかが重要になります。リロケーションサービス自体が比較的歴史の新しいサービスであり、不動産会社が片手間で業務を行っていることも多いです。中にはリロケーション業務に不慣れでノウハウなどがあまりない会社も存在しますので、トラブルを避けるためにも信頼できるリロケーション会社を選ぶことが最も重要です。

ネットで情報を探して信頼できそうなリロケーション会社に直接コンタクトを取るのも良いですが、まずは家賃査定サイトで一括家賃査定をしてみてるのも一案です。実は自宅を貸し出す時の賃料は客付け力(入居希望者を集める力)によって決まる部分がありリロケーション会社によって異なります。客付け力に自信があるリロケーション会社は家賃を高めに設定しても入居者を見つけられる可能性がありますが、客付け力の低い会社は賃料を低めに設定する傾向があります。ただ一括査定サービスを利用していないリロケーション会社もありますのでその点は注意する必要があります。

また、賃料の他に入居者決定までのスピードも重要視する必要があります。入居者が決まらなければ賃料収入はありませんが、ローン返済と赴任先の住宅の賃料の支払いは発生するわけですから早く入居者が決まるに越したことはありません。立地や時期などいろいろな状況にもよりますが、入居者を早く決めたいのであればリロケーション実績の多い会社を選ぶのが良いようです。